クラウド型デジタルサイネージのデジタルクルーズ
お見積もり・資料請求・お問い合わせはこちら!

デジタルサイネージ配信システムを徹底解説!お勧めのサイネージ配信システムは?

作成:2021/10/20 更新:2021/11/18

動画配信

デジタルサイネージ配信システムを徹底解説!お勧めのサイネージ配信システムは?

デジタルサイネージで製品やサービス内容を配信し、広告効果や販促効果を高めたい、お客さまの目を惹きたいと考え、導入を検討するとしましょう。その際にはまず、デジタルサイネージの配信システムは何を使うか?を考えなくてはいけません。ですが、初めてデジタルサイネージを使って映像を配信したいと考えても、デジタルサイネージ配信サービス提供各社の説明を読んでも専門用語が多くてわかりづからったり、そもそも配信システムに種類があるのか?という疑問が浮かぶ方もいるのではないでしょうか。
ここでは、デジタルサイネージについて、配信システムと選び方やおすすめの配信システムをわかりやすく紹介していきます。

そもそもデジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは、日本語で「電子看板」を意味します。よく街中や駅中、量販店の店内や飲食店の前などで見かけますよね。デジタルサイネージは通常の看板とは異なり、時間や通行者の年齢、設置環境などさまざまな条件によりコンテンツが切り替えることができ、静止画だけでなく、映像が動いて目を惹く動画コンテンツの配信が可能です。広告や販売促進のための利用だけでなく、電車や飛行機の時刻表の表示や、工事現場での注意喚起などにもデジタルサイネージは使われています。

デジタルサイネージの配信システムとは?

そんなデジタルサイネージを配信するためには、ディスプレイ(画面)のほかに、STB(※セットトップボックス:再生端末のこと。デジタルサイネージを配信するためにディスプレイに繋げて利用する装置で、インターネット経由で送られてくる動画コンテンツの信号データを「ディスプレイが受信できる信号」に変換する端末。ざっくり言うとクラウド配信の場合は、STB一体型デジタルサイネージ以外は、STBが無いと動画コンテンツの放映ができません。)や配信システムなどが必要になることが多いです。例えば、街中にあるデジタルサイネージは、一つの動画コンテンツだけを流しているものもありますが、何種類もの映像が流れているものもあります。何種類も映像を映し出しているデジタルサイネージの中には、時間帯によって内容が切り替わって配信されていたり、音声のあるもの・無いもなど、さまざまです。

普段、本当に何気なく見ていたデジタルサイネージから発信される情報や映像。それらは誰かが設定しない限り、普通の看板や紙の時刻表となんら変わりはありません。デジタルサイネージには配信するためのシステムが必要で、そのサービスは提供している会社によって違います。

そんな配信システムを商品として提供している会社はたくさんあり、当社デジタルクルーズが提供するadmint SIGNAGE(アドミントサイネージ)もその一つです。配信システムの内容は先に記述した通り会社によって異なるため、どのような機能が搭載されていて、使い勝手はよいのか、価格は予算に見合うのか、しっかりと比較してから選ぶ必要があります。

配信システムの機能としては少し前まで、配信したい情報、広告などのコンテンツを事前に録画・撮影・編集し、それをSDカードなどに保存し、デジタルサイネージ用ディスプレイに挿しこんで繰り返し配信する一体型のもの(スタンドアローンタイプ)がほとんどでした。しかし、最近は、ネットワーク環境があればいつでもどこでも、表示させたい情報を変更・操作できる「クラウド型」の配信システムが多くなってきています。今回は、これら二つの配信システムの違いについても解説します。

当社デジタルクルーズでは、クラウド型サイネージ配信システムを主軸に国内トップクラスの導入実績を誇るadmint SIGNAGEを提供しています。スタンドアローンタイプからクラウド型に切り替えられるという利便性の高い使い方もadmint SIGNAGEでは利用できますので、状況や目的に合わせてご検討ください。

スタンドアローン型配信システム

スタンドアローン型は、インターネット回線が無くてもデジタルサイネージに映像を表示できるシステムです。USBやSDカードなどの外部メモリに、表示させたい画像や動画コンテンツのデータを入れ、デジタルサイネージ用ディスプレイに差し込んでデータを読み込ませることで再生を行います。再生の仕方としては、電源が入っている限りコンテンツが繰り返し放映されるしくみのものが多いです。

データを入れた外部メモリをデジタルサイネージ用ディスプレイに差し込んで、簡単な設定を行えば映像を流せるため、誰でも手軽に扱えます。また、ランニングコストも電気代とディスプレイ代以外必要ないため、安価で運用を行うことが可能です。

ただ、コンテンツのデータが大きいとデータ転送に時間がかかるケースもあり、ディスプレイがある場所に足を運んでコンテンツのデータの入れ替えをしないと情報更新ができないため、頻繁にコンテンンツデータの差し替えを要する運用には適していません(※各社の営業が設置場所の担当者と話をする機会作りのために、敢えてディスプレイの設置された現場に足を運ぶケースもあります)主に、管理台数の少ない小規模な店舗や量販店の商品棚、イベント会場などで活用されます。

クラウド型配信システム-オススメ

クラウド型の配信システムの特長は、インターネット上でお手持ちのパソコンから配信するコンテンツの設定を手軽に行え、表示内容を簡単に変更できる点です。(※サービスにより多少違いがあります。)そのため、遠隔地のデジタルサイネージにもコンテンツを配信できたり、配信時間のスケジュール設定を行えるものも多いです。インターネット回線やSTBの費用が別途必要となりますが、現地に人員を割く必要がないという点はとても魅力的ではないでしょうか。

また、外部コンテンツ(天気予報やニュースなど)の配信も可能です。

利用される場所はさまざまですが、スタンドアローン型に比べて高機能となるため、一定の規模がある施設に、より向いているのではないでしょうか。時勢や交通費含めた人的コストの兼ね合いもあり、最近ではクラウド型が主流になってきています。

これからデジタルサイネージの配信システムを導入する方には、基本的にはクラウド型配信システムがおすすめです。

クラウド型配信システムのここが良い

デジタルサイネージは、不特定多数の人に情報や企業の広告を、認知のために視聴させることはもちろん、設置場所や地域性、その場所の利用者などに向け、伝える情報を絞って配信する事も可能です。例えば、空港を利用する人には、広告のほか空港施設の案内や飛行機の定刻時間、旅行先の天気予報、マイルなどの航空会社各社のサービス情報、簡単なニュース情報などを。ファッションビルのデジタルサイネージには、来店した人に向けて、テナント各社の紹介や、商品の広告、施設紹介や営業時間のお知らせなど。

しかし、その情報は絶対という訳ではありません。急な状況の変化や利用者の客層によって変わる可能性もあります。そういった時に、配信している情報を急遽変更することもできるため、「クラウド型配信システム」をオススメします。

admint SIGNAGEがおすすめの配信システムの理由

当社のadmint SIGNAGEは、導入実績15,000台以上、安定性の高いシステム設計や初期コストが低い点が強みの配信システムです。1台のパソコンで複数台のデジタルサイネージの配信内容や放映スケジュールを一度に管理できるため利便性が高く、企業はもちろん有名大学など教育機関でもお喜びいただいています。

コンテンツ作成に関してもPowerPoint®のテンプレートやWebブラウザ上のコンテンツ制作画面で、ドラッグ&ドロップなどマウス操作を中心に手軽に作ることができ、初心者でも簡単に操作と配信管理ができます。また、admint SIGNAGEでは少数店舗の時はスタンドアローン型での配信を、店舗数が増えたら同じ機材のままクラウド型配信に切り替えることも可能です(※すでにネットワークで配信中、もしくは、一度ネットワーク配信に移行したSTB(セットトップボックス)は、スタンドアローンサイネージとしてのご利用はできません。予めご了承ください)。

ほか、タッチコンテンツ対応機能や多言語化機能、有線・LTE回線・Wi-Fi環境対応など、サーピスは多岐に渡り、企業の広告・販促用コンテンツの配信だけでなく、デパートや大学などで便利なインバウンド対応にも適しており、何かあった時のために端末の死活管理も行っていますので、安心してご利用いただけます。

価格についてはお問い合わせが必須となりますので、お気軽にお電話か当サイトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

当社ではシステムの提供だけでなく、設置場所や配信コンテンツのコンサルティングも行っておりますので、少しでも気になることがございましたら、ご相談ください。

サイネージ配信システムを徹底解説のまとめ

情報の価値が日々高まっており、常に新しい情報が求められる今。デジタルサイネージは安定的にそのニーズに応える事ができる素晴らしい情報発信ツールです。配信システムも研究や開発が進み、常に更新されています。admint SIGNAGEも多彩な機能やさまざまなサービスを展開しておりますので、ぜひとも、ご検討ください。資料請求は無料です。

※PowerPoint®は米国Microsoft Corporationの登録商標です。

デジタルサイネージ配信システムのよくある質問

デジタルサイネージ配信システムの価格・費用はいくらですか?

admint SIGNAGEでは、お問い合わせいただいたお客さまの設置地域・用途に合った代理店を紹介すると同時に個別にお見積もりをお送りしております。こちらのお問い合わせフォームより価格についてお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

サービス資料はありますか?

弊社のデジタルサイネージ配信システムの機能や導入事例等はWebサイト上に掲載していますが、詳細な資料は別途用意してございます。資料の送付をご希望のお客さまは、お問い合わせフォームより資料をご請求ください。
資料請求はこちら

どんなコンテンツの配信が効果的ですか?

お客さまの業種・業態ごとにおすすめの配信コンテンツや設置場所についてサイネージの利用シーンページにて解説しています。お問い合わせフォームより詳細をお伺いできれば、よりお客さまのビジネスにあったコンテンツのご提案、ご希望の場合コンテンツの制作も弊社で対応可能です。
お問い合わせはこちら